2007年09月26日

妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。

産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか?
実際の年齢より老けて見られたり、おなかのぽっこりが戻らないなどお悩みも様々です。
妊娠中は、運動はもちろんのこと、体を動かすこと自体が制限されてしまいます。
お腹が大きくなると、体をねじったりすることもしにくくなります。
すると、当然筋肉の量も減りますので、基礎代謝が悪くなりカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後のダイエットでは、ついついあせってしまいがちですが、絶対に無理をしてはいけません。
基礎代謝がさらに低くなって、太りやすい体質になったり、後々体調をくずしたりしてしまいます。
したがって、産後ダイエットではカロリー摂取のカットだけではなく、基礎代謝をあげることが大切なのです。
まず、食事はきちんと3食摂りましょう。ただし、過食や間食には気をつけて。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
産後の体の回復を考えながら、2〜3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。

簡単エスカレーター式ダイエット法
低価格の工事保険・労災ならこちら
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。