2007年09月25日

ですから、産後ダイエットでは、摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻すようにしなければなりません。

産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか?
体重は戻ったのに、体型は戻らないなんていう方も多いようです。
妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。
また、お腹が大きくなるので動作がゆっくりになったり、体をねじったりがしにくくもなります。
それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
その上、骨盤が開いた状態なので、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因にもなります。
産後は、早くもとの体型に戻したいとあせる気持ちはわかりますが、無理なダイエットはいけません。
基礎代謝がさらに低くなって、太りやすい体質になったり、後々体調をくずしたりしてしまいます。
ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
はじめに、食事はちゃんと3食摂ります。ただし、過食や間食には注意です。
骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。
母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。

美容健康バストアップ研究会

痩せる!簡単ダイエット
低価格の工事保険・労災ならこちら
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。