2007年09月23日

体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。

産後といえば、心配なのはダイエットです。
出産を終えてしばらく経つのに、出産前の服が着れない、だんなの態度がちがうなどいろいろな悩みがあると思います。
妊娠中は、運動はもちろんのこと、体を動かすこと自体が制限されてしまいます。
お腹が大きくなると、体をねじりにくくなったり、動作がゆっくりになったりもします。
すると、筋肉も衰えてしまうので、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後は、元の体型に早く戻したい気持ちはわかりますが、決して無理なダイエットをしてはいけません。
基礎代謝が低くなって、ますます太りやすい体質になったり、体調をくずしたりしてしまいます。
ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので無理に動きすぎたりせずに、リフォーム下着を着けて、ストレッチや軽い運動をしましょう。
産後ダイエットでは、体重よりも筋肉量を元に戻すことを心がけると、基礎代謝が増えて自然にやせられるようになります。


簡単エスカレーター式ダイエット法


posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。