2007年09月22日

妊娠中はなるべく代謝を落とさないように、マタニティースポーツをしたりすると、大きく体型を崩すことも少なくなります。

産後ダイエット、あなたも不安に感じているかもしれません。
実際の年齢より老けて見られたり、おなかのぽっこりが戻らないなどお悩みも様々です。
妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。
それから、お腹が大きくなるせいで動作がゆっくりになるし、体をねじったりもしにくくなります。
それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
その上、骨盤が開いた状態なので、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因にもなります。
産後ダイエットでは、早くもとの体型に戻したい気持ちはわかりますが、無理は禁物です。
体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
この様な理由から、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻す努力が必要です。
まず食事ですが、特に授乳期はカロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
骨盤を元に戻すために、コルセットやガードルを下腹に巻いて、自然に腹筋や背筋をきたえましょう。
赤ちゃんが少し大きくなったら、ベビーカーウオーキングを始めてみるのもよいですね。


簡単エスカレーター式ダイエット法

[PR]
願いが叶う!パワーストーン、天然石、水晶ブレスレットの格安通販専門店ショップ
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。