2007年09月20日

すると、当然筋肉の量も減りますので、基礎代謝が悪くなりカロリーを消費しにくい体質になってしまいます。

産後ダイエットを成功させるには、普通のダイエットとは少し違うポイントもあります。
体重は戻ったのに、体型は戻らないなんていう方も多いようです。
妊娠中というのは、どうしても運動をしたり、体を動かすことが制限されてしまいます。
また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。
そうしていると、筋肉量が落ちますので基礎代謝が下がってしまい、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後ダイエットでは、元の体型に早く戻さなくてはという気持ちがあっても、無理をしてはいけません。
基礎代謝が低くなって、ますます太りやすい体質になったり、体調をくずしたりしてしまいます。
このような理由から、産後ダイエットでは基礎代謝を元に戻さずに摂取カロリーをカットするようなことは厳禁です。
やはり、食事は3食キチンとよく噛んでいただきます。それから、過食や間食には気をつけて。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
母乳を止めたら、わじわ太りだしたという人もいるので、基礎代謝の高い体作りを心がけましょう。

美容健康バストアップ研究会

痩せる!簡単ダイエット



[PR]
願いが叶う!パワーストーン、天然石、水晶アクセサリーブレスレット通販
成約率の高い売れるホームページ制作
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。