2007年09月16日

そうしていると、筋肉量が落ちますので基礎代謝が下がってしまい、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。

産後といえば、心配なのはダイエットです。
妊娠を理由に食べ過ぎてしまったり、出産前の服が着れないなどお悩みもいろいろ。
妊娠中は、どうしても運動はだけではなく、ちょっと体を動かすこともできなくなります。
そして、お腹が大きくなるので、体をねじったりもしにくくなるし、行動もゆっくりになります。
すると、筋肉も衰えてしまうので、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
それに、骨盤も一時的に開いた状態なので、下腹部が出て、お尻も大きくなる原因にもなります。
産後のダイエットでは、ついあせって早く元の体型に戻そうとしがちですが、決して無理をしてはいけません。
後から体調を崩してしまったり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になってしまいます。
ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
まず食事ですが、特に授乳期はカロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
それから、開いた骨盤を締めるためにコルセットやサポーターをつけましょう。ウエストをきつく締めるのではなく、骨盤の上に巻くような感じがいいと思います。
赤ちゃんが少し大きくなったら、ベビーカーウオーキングを始めてみるのもよいですね。

簡単エスカレーター式ダイエット法



[PR]
情起業家向けホームページテンプレート
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。