2007年09月08日

妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。

産後といえば、心配なのはダイエットです。
出産を終えてしばらく経つのに、出産前の服が着れない、だんなの態度がちがうなどいろいろな悩みがあると思います。
妊娠中は、運動はもちろんのこと、体を動かすこと自体が制限されてしまいます。
お腹が大きくなると、体をねじりにくくなったり、動作がゆっくりになったりもします。
それでは、筋肉もおとろえるので、基礎代謝の少ない、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。
さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後ダイエットは、あせったり、無理をしてはいけません。
基礎代謝を低下させて、さらに太りやすくなったり、体調をくずしてしまったりします。
したがって、産後ダイエットではカロリー摂取のカットだけではなく、基礎代謝をあげることが大切なのです。
はじめに食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので足を組むのはさけて、座るときは手でおしりの肉を中央に寄せるようにしてみましょう。
産後は体の回復も考えて、2〜3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。



[PR]
Google、Yahoo対策のSEOならこちら
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。