2007年08月30日

それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。


産後ダイエット、あなたも不安に感じているかもしれません。
妊娠前の服が着れないとか、二の腕が太くなったなど、お悩みも色々です。
妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。
また、お腹が大きくなるため、一つ一つの動作が俊敏に出来ずにゆっくり行動するようになります。
すると、筋肉も衰えてしまうので、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。
産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。
無理なダイエットをしていると、後々体調をくずしたり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットではカロリー摂取のカットだけではなく、基礎代謝をあげることが大切なのです。
特に授乳期の食事は、カロリーを気にするより、バランスを考えて食べることを重視します。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので足を組むのはさけて、座るときは手でおしりの肉を中央に寄せるようにしてみましょう。
産後ダイエットは、体重だけではなく、筋肉量を元に戻すようにすると、体が消費するエネルギーが増えて自然にやせられるようになります。


posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。