2007年08月20日

体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。


産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか?
体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。
妊娠中は、運動はもちろん、ちょっと体を動かすこともなかなかできなくなります。
お腹が大きくなると、体をねじりにくくなったり、動作がゆっくりになったりもします。
すると、当然筋肉量も減り、基礎代謝量が下がるので、カロリーが消費しにくくて太りやすい体質になってしまいます。
その上、骨盤が一時的に開いた状態になるので、お尻が大きくなったり、下腹部が出てしまう原因にもなります。
産後ダイエットでは、元の体型に早く戻さなくてはという気持ちがあっても、無理をしてはいけません。
体調を崩したり、ますます基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。
ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。
何といっても、食事はしっかり3食が基本です。ただ、過食や間食には気をつけます。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
赤ちゃんがしっかりお座りできるようになれば、ベビーカーウォーキングもおすすめです
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。