2007年08月19日

さらに基礎代謝が低くなり、太りやすい体質になったり、あとから体調をくずしたりしてしまいます。


産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか?
妊娠を理由に食べ過ぎてしまったり、出産前の服が着れないなどお悩みもいろいろ。
妊娠中は、どうしても運動はもとより、普段から動くことが少なくなりがちです。
そして、お腹が大きくなるため、ひとつひとつの動作がゆっくりになり、体をねじることもしにくくなります。
すると、筋肉も衰えてしまうので、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。
なおかつ、骨盤が開いた状態にあるので、お尻が大きくなる原因や、下腹部が出たりします。
産後ダイエットでは、早くもとの体型に戻したい気持ちはわかりますが、無理は禁物です。
基礎代謝が低くなって、ますます太りやすい体質になったり、体調をくずしたりしてしまいます。
この様な理由から、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を戻す努力が必要です。
まず食事ですが、特に授乳期はカロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにします。
また、産後は骨盤が開いた状態にあるので無理に動きすぎたりせずに、リフォーム下着を着けて、ストレッチや軽い運動をしましょう。
妊娠中はなるべく代謝を落とさないように、マタニティースポーツをしたりすると、大きく体型を崩すことも少なくなります。
posted by 産後ダイエットマスター at 05:00| 産後ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。